合名会社、合資会社で会社設立?

会社設立の際に主な選択肢になるのは、株式会社と合同会社です。
2006年までは有限会社という選択肢がありましたが、法改正により現在は有限会社を新規設立することは出来なくなっています。
しかしじつは、株式会社と合同会社以外にも、会社設立時に選択可能な事業形態が存在しているのです。
それが合名会社と合資会社になります。

ただ、実際に合名会社や合資会社で会社設立する人はほとんどいません。
その理由は、合名会社や合資会社の性質と合同会社の性質を比較すると理解できるでしょう。

まず合名会社ですが、これは個人事業主がそのままの状態で法人化したような事業形態です。
社員(出資者)は無限責任社員のみになります。
無限責任社員とは、貸家の負債に対して無限の責任を持つ社員です。
簡単に言うと、会社が負債を負って倒産したら、家財をなげうってでも全て返済しなくてはならないと言うことです。

次に合資会社ですが、こちらは無限責任社員と有限責任社員で成り立つ事業形態です。
有限責任社員とは、無限責任社員の反対です。
会社が負債を抱えて倒産しても、返済義務は出資額までとなります。

最後に合同会社です。
合同会社の場合、社員(出資者)は全て有限責任社員のみとなります。
全員が出資額までの返済義務しかないのです。
これだけでもかなりリスクが回避できますよね。
非常に大きなメリットと言えるでしょう。

さらに合同会社は出資額に関わらず、自由に社員の利益配分を決定できるというメリットもあります。
合同会社は出資者が外部の株主ではなく、あくまでも会社内部の社員ですが、複数の社員が出資することが可能なので、株式会社と似た性質を持っています。
しかし株式会社の場合は株式の保有数、つまり出資額によって利益配分が決定されますよね。
合同会社はそこすらも自由にできるメリットがあるのです。

お分かりいただけましたでしょうか?
つまり、合同会社のメリットがあまりにも大きく、個人事業主の法人成りですら最適な選択肢であるため、合名会社や合資会社で会社設立する人がほとんどいないのが現状なのです。