株式会社の場合の会社設立のイロハ

株式会社を設立する場合、まず行うべきは出資者を募り資本金を集めることですよね。
大会社が子会社として株式会社設立する場合などの例外を除けば、基本的にここから始まります。
しかし実際、いくら以上の資本金があれば株式会社設立が可能なのでしょうか?

これは法的な回答をすると「1円以上」であると言えます。
かつては株式会社を設立するために、最低でも1000万円の資本金が必要でした。
しかし2006年に法改正があり、それ以降は最低金額が1円になったのです。
ただ、本当に1円で株式会社を設立しようと言う人は存在しないでしょう。
あくまでも「可能である」と言う話なのです。
自分の事業計画に必要な金額はいくらなのか、よく考えて資本金を決定してください。

資本金が集まったら、定款を作成します。
株式会社の場合、基本的にある程度大きな規模の事業を想定していることが普通なので、この定款の作成は非常に重要になります。
行政書士や司法書士、税理士と言った専門家に作成を依頼するのがおすすめです。
経営に直接影響する書類ですので、少しでも経営が有利になるような内容になるよう、専門家とよく相談して作成してください。

合同会社などの場合は次のステップが登記申請になりますが、株式会社の場合はその前にもう一つこなさなければならない手続きがあります。
定款認証です。
公証役場で公証人による定款認証を受け、それを通過しないことには登記申請できないのです。
ちなみに定款認証は公証人の手数料が5万円発生します。

定款認証が終わったら、いよいよ登記申請です。
株式会社の場合、印紙代4万円と紙登録免許税が15万円、その他雑費が発生しますが、定款を電子定款にすると印紙代4万円はかかりません。
定款に関しては定款認証を受けているので内容に不備があると言うことは考えにくいですが、登記申請の際には他にもたくさんの書類が必要になりますので、不備がないかチェックしておくと良いでしょう。
ちなみに登記を代行依頼する場合は司法書士か弁護士に依頼してください。

登記が受理された時点で、株式会社は成立したと言えます。
しかしまだ設立届提出、法人口座開設などやらなければならないことはありますので、最後まで気を抜かずに頑張りましょう。