会社設立は最低資本金が重要

 

会社を設立する時、必要となってくるのが資本金です。
しかし、会社設立の最低資本金に関しては「どれくらい必要なのかな」と迷っている方も多いです。

正直、一昔前は1円起業というものが流行り、資本金をほとんどかけずに起業している人が多かったと言えるでしょう。
近年でもその傾向はあり、資本金に関してはほとんど用意せずに会社設立をおこなっているところもあります。

例えばIT分野での会社設立の場合は、ほとんど初期費用をかけずに起業することが可能です。
そうなれば、資本金も必要ないことが多いでしょう。
資本金は集め方によっても変わってきますが、銀行や株主などから集めると返還する義務が出てきます。
だからこそ、そういうのを嫌って、近年は最低資本金で開業するところも多くなっているのです。
国もこの方法については認めていて、無理に資本金を用意する必要はないという考え方になっています。

事実、近年は個人事業主やフリーランスの方も増えていて、資本金などほとんどないに等しい状態から起業する人も多くなっています。
そこで、資本金をわざわざ定めるということはありません。
その他、サラリーマンの方が節税のために会社設立するということも多くなっています。

それらに対しても、資本金を用意する必要はありません。
つまり、最低資本金に関しては、本当に必要な分だけで良いのです。
ただ、資本金というのはある種でその会社のレベルを表す数値にもなります。

資本金が1,000万円用意できるということは、それほどの価値がある企業だと思われるでしょう。
もちろん、それが1億円などとなれば、社会的な信用も大きいことを証明しています。
最低資本金がすべて良いとは言えないので、そこはどのように会社を運営していくべきなのかを考えて対応していくと良いのではないでしょうか。

その他、資本金などに関して相談がある場合は、専門家に依頼してみることをおすすめします。
会社設立の手続きなどは司法書士や行政書士に任せ、その他の相談は社労士、お金に関することなら税理士などに相談すれば良いです。

心強い味方も多いので、自分たちをサポートしてくれるサービスを上手に活用していくのが良いでしょう。
もちろん、それらに費用がかかるのですが、その費用以上の効果を発揮してくれることも多いです。

まずは相談してみて、自分たちが抱えている悩みに対応してもらうと良いです。
そうすれば、より会社設立もスムーズにいくのではないでしょうか。