仙台での会社設立と金融機関

東北の中心地である仙台には、数多くの金融機関が存在していますよね。
会社設立した後は、それら金融機関との付き合いも濃厚になってゆくことが多いです。
いったいどのように金融機関と関わってゆくことになるのでしょうか?

会社設立後、最初に金融機関と関わるのは、法人口座の開設時でしょう。
これは登記の後に行う手続きなので厳密に言うと会社設立後の手続きなのですが、実際には会社設立時の最後のステップと言えます。
法人口座を開設できて、初めて会社設立が完了したと言えるからです。

実際のところ、法人口座の設立は会社設立の絶対的必須事項ではありません。
法人口座がなくても、会社を運営することは不可能ではないからです。
しかし、個人口座で法人の金銭を管理するのは非常にリスキーでデメリットが多いことなのです。

たとえば銀行から融資を得たい場合、個人口座だと銀行は個人としてしか扱ってくれません。
法人口座がないと法人取引にならないからです。
会社経営をしていれば、融資を得たい場面が数多く訪れます。
そんなときに非常に不利な状況に陥ってしまうのです。

そもそも個人口座では法人としての信頼が得られない、というのも非常に大きなデメリットになります。
もしもあなたがクライアントの立場で、取引先が法人を名乗っているのに、口座が個人のものだったら、どんな印象を受けますでしょうか?
なにか言い知れぬ不安を覚えますよね。
税務署からも同じような理由で目を付けられてしまう可能性があります。

このような理由から、会社が法人口座を開設しないと言う選択肢は非現実的であると言えます。
逆に言えば、法人口座さえ開設すれば、銀行は法人として取引をしてくれますし、クライアントや取引先からの信用も得やすくなると言うことです。
会社設立時に法人口座を設立することで、非常に大きなメリットを得られるということなのです。
ちなみに法人口座は審査を通過して初めて開設できます。
必要書類に不備がないよう、しっかりと準備しておきましょう。