会社設立に必要な印鑑関連の知識

諸外国では一般人が印鑑を多用することが少なくなりサインを使用することが多くなってきましたが、日本は未だに印鑑が多用される珍しい先進国ですよね。
そんな日本で会社設立するのであれば、印鑑の重要性を真の意味で理解しておくことが絶対必要条件であると言えるでしょう。
今回の記事では会社設立時に必ず必要となる印鑑についての基礎知識を解説します。

まずは「印章」についてです。
「そもそも印章ってなに?」と思う人も多いでしょう。
印章とは、ハンコそのものを指します。
ハンコをイコール印鑑と認識している人も多いかもしれませんが、じつはそれは誤りなのです。
印鑑とはあくまでもハンコで押した「印影」、つまり朱肉が紙に付着して印された印そのものを指します。
これはどうでも良い雑学のように思えますが、会社設立するのであればしっかりと理解しておくべきことであると言えるでしょう。

では次に、「実印」と「印鑑証明書」についてです。
実印と言うのは、役所や役場で印鑑登録した印章を指します。
印鑑登録とは印章の持ち主を登録する行為であり、印鑑登録を行うことで官公庁が印章の持ち主を書面で証明してくれるようになるのです。
その証明書こそが、印鑑証明書になります。
会社設立時には多数の印鑑証明書が必要になりますし、設立後も何かと必要になることが多いですよね。
印鑑証明書という書類の本質を理解しておくことは必要なのです。

ここまでを理解していると、会社の実印とする印章がいかに重要なものなのかも理解できるでしょう。
セキュリティのためにも、この世に二つと存在しない印章でなくてはなりません。
個人の実印でも量産品を使用することなどもってのほかですので、会社の実印ならばなおさらですよね。
必ず専門店に依頼して、しっかりとした印象を作ってもらう必要があります。
個人の実印であれば数千円のものを依頼すれば良いかもしれませんが、会社の実印の場合は1万円〜2万円程度は見ておき、ある程度高給な印章を購入するのがおすすめです。