仙台で会社設立する際の費用

新しく会社設立する際には、必ずそれなりの費用が発生します。
今回は仙台で会社設立した場合に発生する費用や、会社設立前に考えておくべき費用についての解説です。

まずは資本金です。
資本金は2006年の法改正以降、最低金額が1円となっています。
しかし実際に必要になる資本金は、1円で済むわけがいないですよね。
100万円でも多い方とは言えません。
会社設立費用に置いて、もっとも大きな割合を占めるのがこの資本金なのです。

次が手続きの際に発生する費用です。
会社設立には、その規模や事業形態に関わらず、必ず登録免許税という税金が発生します。
これは株式会社で15万円、合同会社など持分会社で6万円、最低でも必要です。
他にも電子定款を使用しない場合は4万円の収入印紙代が、株式会社の場合は定款認証の際に発生する5万円の公証人手数料が発生します。
もちろん印鑑購入費や印鑑証明書の発行費用など、その他の雑費も発生しますので、全てしっかり把握しておく必要があるでしょう。
これらをトータルで考えると、株式会社で25万円前後、持分会社で10万円前後、手続きの際に必要となることが多いのです。

他にも会社設立前に考えておかなければならない費用は数多く存在しますが、とくに重要になることが多いのが、オフィスの維持費です。
バーチャールオフィスなどを利用する場合はそこまでのコストにはなりませんが、普通に事務所を構える場合はかなり高額な家賃が必要になりますよね。
もちろん東京や横浜ほどは家賃相場も高くありませんが、仙台は東北の中心地とも呼べる大規模な経済都市ですので、近隣の都市と比較すれば家賃相場は高額であると言えます。
とくに経営が波に乗るまでは事務所の家賃はかなり負担になりますので、あらかじめしっかりと事業計画に練り込んでおかなければなりません。

このように仙台で会社設立する際は、会社設立時に発生する費用と会社設立後に発生する費用の両方を計算しておく必要があるのです。
かなり難しい問題ではありますが、しっかりと勘定しておきましょう。