仙台での会社設立とオフィス選び

会社設立する際に重要になるのが、オフィス選びです。
どのようなオフィスが最適なオフィスと言えるのか、ケースバイケースで考えてみましょう。

たとえば個人事業主である在宅プログラマーが法人化する場合です。
個人事業主の法人成りは経営が波に乗ってきたうえで税金対策やリスク管理という意味合いで行うことが一般的です。
必要な設備もそろっていて、顧客もある程度確保できていることが多いですよね。
プログラマーであればそこまで多くの機材は必要ありませんし、法人成りしても自宅で今までのように仕事をしていれば良いことが多いのです。
しかしせっかく法人成りするのであれば、より高い信頼を得やすいように本店所在地だけでも一等地にしたい、という理由でオフィスを契約する人もたくさんいます。
そのようなケースで選ばれるオフィスは「バーチャルオフィス」になるでしょう。

バーチャルオフィスとはその名の通り、住所のみをレンタルするサービスと言えます。
しかし電話やメールの転送や貸会議室など事業に必要な機能を備えていることが多いので、個人事業主がそのまま合同会社設立する場合などに最適な選択肢となることが多いのです。
仙台は東北の主要都市ですので、バーチャルオフィスもかなり多く存在しています。
いろいろとサービスを比較すると良いでしょう。

ただ同じ小規模会社の設立でも、店舗型の小売などの場合はバーチャルオフィスというわけにはいきませんよね。
最低でも店舗と事務所が必要になります。
仙台のような地方都市の場合、商店街でテナント募集をしていることが多いので、そういった店舗付きのオフィスを選ぶのがおすすめになります。
わざわざ店舗とはなれた場所にオフィスを借りるのは非経済的ですし、事業規模が小さいうちは何か理由がなければメリットもないでしょう。
ちなみに商店街の場合、自治体からの補助金や助成金が利用できるケースも多いので、そういった資金も当てにできます。

このようにどのような業種で会社設立するのか、どの程度の事業拡大を見込んでいるのか、といった部分で選ぶべきオフィスはまったく違ってくるのです。
自分に最適なオフィスはどのようなオフィスなのか、事業計画を考える際に練り込んでおく必要があるでしょう。